特定退職金共済制度

従業員の退職金準備にご活用いただけます

 

・毎月、定額の掛金を支払うことで、将来支払う退職金を計画的に準備できます。

 

・法律で定められた退職金支払いのための保全措置が講じられます。

(賃金の支払いの確保等に関する法律 昭和51年法律第34号)

 

・法人が従業員のために負担した掛金は、全額損金に算入できます。

(法人税法施行令 第135条)

 

 >>詳細はこちら(PDF)

退職所得に係る復興特別所得税徴収・住民税税額控除廃止に関するお知らせ(PDF)