労働保険

労働保険は労働者の強〜い味方です

労働保険は労働者災害補償保険と雇用保険とを総称した言葉です。
事業主(保険加入者)が労働者(被保険者)の業務上の災害や失業に備え、国に保険料を納付し、労働者は給付事由に応じて保険給付を請求する権利を持つものです。
  保険給付は、個別に行われていますが、保険料の納付等については、両保険は労働保険として、原則的に一体のものとして取扱われます。
  労働保険は、農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも雇っていれば、事業主は加入手続をおこない、労働保険料を納付しなければならないことになっています。

仕事中にケガ等したときは

こんな時の強い味方が労災保険です。
  仕事上や通勤途上でケガや病気になった方に対し、療養の給付や社会復帰のための援助等をおこなう制度です。
  ケガや病気が治っても障害が残った方は障害給付が受けられ、不幸にして死亡した場合は、その遺族に対し遺族給付及び葬祭料の給付が受けられますので安心です。
  ※アルバイト、パートタイマーを含め、事業主に雇用される労働者はすべて本人が希望すると否とに関わらず適用になります。

離職して失業状態になったら

こんな時の強い味方が、雇用保険です。
  労働者が失業したとき、生活の安定と雇用の安定を図り、再就職のための再就職を促進するために失業給付等を行うものです。
  ※臨時内職務にすぎないもの(学生、アルバイトや就業時間が著しく少ないパートタイマー等)は
被保険者とならないものがあります。

燕商工会議所 労働保険事務組合

会員企業の事務の軽減に役立ちます労働保険事務組合とは

燕商工会議所労働保険事務組合は、中小企業事業主にとっては、負担になることが多い労働保険(労災保険と雇用保険)への加入手続きや保険料の納付手続き、雇用保険の被保険者に関する手続きなど、本来事業主が行うべき労働保険の事務処理を代行することにより、事業主の事務処理の負担を軽減するとともに、事業主および家族従事者も労災保険に加入できるなど、中小企業事業主から委託を受け労働保険事務のお手伝いをします。

委託したときの利点 労働保険事務組合に委託すれば

・本来、労災保険の対象とならない個人事業主や法人の役員も特別加入できます

  ・保険料の額に関係なく年3回に分割して納付できます。
  ・事業主自身等の事務処理が軽減され労力が省けます。

詳しくは 燕商工会議所 産業振興課 TEL63−4116まで